Asthma Archive

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート33

耳鼻咽喉科 通院編

2016/04/26(火) 午前. 3w後の状態確認? クラリスロマイシン 200mg(抗生物質)朝1錠の21日分でどう改善したか?

私の経過報告は。。。

本日は、先生が先に額帯鏡で診察をしました。

鼻の状態は? 「 花粉症の症状はありません。 右はつまっていますが左は空気の通りが良いです。 また、右についてはここ数日つまっています。

それまでは左と同等程度の空気の通りでした。 」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート31

耳鼻咽喉科 通院編

2016/04/05(火) 午前. 2w後の状態確認? クラリスロマイシン 200mg(抗生物質)朝1錠の14日分と ムコダイン処方でどう改善したか?

私の経過報告は。。。

鼻の状態は? 「 鼻水は状態が良いと透明の鼻水に混じって出てくることがある。

呼吸は鼻でできている状態です。

」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート30

耳鼻咽喉科 通院編

2016/03/22(火) 午前. 2w後の状態確認? クラリスロマイシン 200mg(抗生物質)朝1錠の14日分と ムコダイン処方でどう改善したか?

私の経過報告は。。。

鼻の状態は? 「 鼻水は透明で少し色のついたものが少し出る程度。

その鼻水もほとんどでない事の方が多いです。

呼吸は鼻でできている状態です。

」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート28

耳鼻咽喉科 通院編

2016/03/08(火) 午前. 2w後の状態確認? 抗生物質4日分とムコダイン処方でどう改善したか?

私の経過報告は。。。

鼻の状態は? 「 鼻のつまりが少しあるが、鼻で呼吸できるようになりました。

前回の診察後、当初は鼻水が出ることがありました。 次第に鼻水が出る回数が減り鼻をかむこともありませんでした。 また、ここのところほとんど出ていません。

1日に1、2回程度鼻をかむ程度になりました。

鼻水の色は無色になり時折色のついたのが少し出ることがあります。 」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート27

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2016.2.26)は、3days後の状態確認? 抗生物質が先週処方されたのでその確認

私の経過報告は。。。

鼻水の色は? 「 全体的に無色になった。 その中に白濁や黄色いものもでていた。 鼻水の色がついているものは黄色よりもどちらかというと白濁のものが多かった。 」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート24

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2016.2.16)は、3W後の状態確認?

私の経過報告は。。。

鼻水の色は? 「 鼻水の色は薄いのから濃い色のものまでいろいろと出る。 色は、黄色や薄い黄色、白色など ただ、下半身が体冷えているとなかなかでない。 また、寝起きは体が暖かくなっているので鼻水がぽこっと出る時がある。 その鼻は、今まででなかった右側で色が付いているものだった。 」と伝える。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート22

呼吸器アレルギー科 通院編

2016/01/21(木) 午前

一酸化窒素(No)の検査は28ppbでした。 前々回の36ppbから34ppbへそして28になりました。

私の経過報告は。。。

「 寒いとどうしても鼻が詰まりますが喘息の兆候は出ていません。 蓄膿がやっと出るようになり色のついた鼻水が出るということで、 抗生物質が処方されています。 」

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート20

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2016.1.5)は、2W後の状態確認?

私の経過報告は。。。

状況を聞かれたので 「前回に続いて鼻水がでることが多く鼻づまりです。 ニオイについては、鼻をかんだ時にその前に食べたものの ニオイがわかる感じが時折ありました。」

また、「デスクワークしていると下半身が寒くなり鼻水が出てくる。 生姜湯など暖かいものを飲んだ時やお風呂から出た後 朝方など体が温まっている時は鼻の通りが良い。」 っと報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート18

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2015.12.22)は、3週間経過観察後の状態確認?

私の経過報告は。。。

状況を聞かれたので 「前回の時にもくさい鼻水が出ていたのだけれど、それが1日に1回程度は出るようになった。 黄色い色の鼻水も出るようになったことを伝える。呼吸器で処方されていた薬の効果が薄れてきたのだろうか。 特に鼻水が出ることが多い3週間であった。」 っと報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート17

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2015.12.1)は、3週間経過観察後の状態確認? バイナス75-2w分により改善したかしないか?

私の経過報告は。。。

状況を聞かれたので 「今回は、お薬を飲み始めて一週間で何かのニオイを感じ、二週間後と三日目あたりから昼食時にリンゴのニオイが食べていてわかった。 また、その翌日から鼻水が出るようになり、鼻をかむと鼻水がくさかったのがわかった。」 っと報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート16

呼吸器アレルギー科 通院編

2015/11/26(木) 午前 今回は一酸化窒素(No)の検査は36ppb 前回が28ppbだったので増えてしまった。

私の経過報告は。。。

「体調も良く鼻のつまりがある程度。 左の鼻は手術せず鼻たけがなくなり、右はまだ前回のファイバーの診察で残っているのでつまり気味です。 それでも、空気の通りの良い時があり以前よりも改善していると実感している。 ただし、ニオイについては完全に治っていないと思われるのでその薬が処方されているのでは。 」

お薬手帳でどんなお薬なのか確認を取った。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート13

呼吸器アレルギー科 通院編

2015/10/29(木) 午前 今回は一酸化窒素(No)の検査はナシ 一ヶ月以内なのでできないらしい。

私の経過報告は。。。

「においが分からなくなってしまって耳鼻科で処方された。喘息の症状はなし」 少々鼻がムズムズする程度です。 ピークフローは先週それまでの最高値をマーク。値的にも高いレベルで安定している旨を報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート12

耳鼻咽喉科 通院編

本日(2015.10.27)は、2週間経過観察後の状態確認?

私の経過報告は。。。

状況を聞かれたので 「先日、遠出したとき隣の席の人は田舎の匂いを感じたのに、自分は感じられなかった。 呼吸器処方の薬が効き始めたのか、鼻の通りが良くなったように感じる」 っと報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート8

耳鼻咽喉科 通院編

本日は、2週間 経過観察後の状態確認?

私の経過報告は。。。

「本日は、左の鼻がつまり気味。」 呼吸器科で処方されている薬の内容を提示。 その中に耳鼻科で処方する薬が入っていたので耳鼻科で処方しないかと持ちかけられた。 前回の診察のとき”先生は、スギ花粉用の人の処方内容だと言っていた。(呼吸器では、中程度の患者さん用で最初喘息が重度に近かったのでそれにも対応できる状況の処方内容になっているそうだ)”

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート7

呼吸器アレルギー科 通院編

2015/09/02(水) 午前 診察前に呼気中に含まれる一酸化窒素(No)の検査を行った。 前回行ったのだが、毎月一回チェックするものらしい。

私の経過報告は。。。

「はなづまりがあるが、喘息の症状はなし」 前日(91)処方された薬を飲んでいるが、鼻汁がでることは無し(今のところ)

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート6

耳鼻咽喉科 通院編

本日は、1ヶ月経過観察後の状態確認?

私の経過報告は。。。

「香りを嗅ぐことができ、鼻水、日により左右それぞれ違う鼻づまり」 「本日は、右の鼻がつまり気味。鼻茸のあった左は以前より空気の通りが良い」 「呼吸は、鼻で呼吸の通常状態。」 呼吸器科で処方されている内容を提示。

先生は、スギ花粉用の人の処方内容だと言っていた。(呼吸器では、中程度の患者さん用で最初喘息が重度に近かったのでそれにも対応できる状況の処方内容になっているそうだ)

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート5

呼吸器アレルギー科 通院編

2015/08/19(水) 午前 診察前に呼気中に含まれる一酸化窒素(No)の検査を行った。

診察

Noの値は28ppb。 22ppbが喘息かそう出ないかの分かれ目らしい。一ヶ月前の118ppbが嘘のようだ! ピークフローの値も個体の大きさに合わせた値になっている。 肺の音もきれい。

私の経過報告は。。。

「先週、鼻水、はなづまりがでるようになった。」 「喘息の症状はみられない」 体調がよくなったので小麦類を食べたことを報告。 鼻水、鼻づまりは、その影響かと思ったと報告。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(耳鼻科)パート4

耳鼻咽喉科 通院編

本日はレントゲン検査です。

検査の結果

まだ影が出ており5月の状態とほぼ変わらない 右側の鼻の通路が黒くなっており通りの良さを象徴している。 左は腫れている様子がわかる

私の経過報告は。。。

「香りを嗅ぐことができ、鼻水、鼻づまり無し。」 「口呼吸がなくなり鼻で空気を吸うことができるようになりました。」 点鼻薬を使用している旨を伝達。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎について(呼吸器)パート3

呼吸器アレルギー科 通院編

ピークフローのグラフがありますので、一週間の状況と身体の回復具合。

私の経過報告は。。。

「呼吸の改善と発作の症状が来院後3〜4日ででなくなり、鼻水が少なくなった。」 「咳き込むことがなくなったのと、鼻で呼吸できるので良く眠れる様になった。」 ピークフローのグラフは来院後より3倍程度改善されている

先生の診察は。。。

(続きを読む)

新種の慢性副鼻腔炎が発生している本当のところ(呼吸器)パート1

慢性副鼻腔炎のからの開放結果(経過観察中)

実は先月「慢性副鼻腔炎」になってしまったとお伝えしました。 その後、身体が重く力が入らない状況が続きついには「喘息」を再発してしまいました!

経過観察中ではありますが、「呼吸器アレルギー内科」を受診し改善の方向に向かっています。

また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の象徴である「鼻茸」が小さくなっているかもしれません。 なぜなら、鼻で息を吸うことができ、においを感じることができたからです。

(続きを読む)